カテゴリ

距離と速度の算出方法

■ ○○キロ圏 ■
直径3キロなどと、特に直径のいいまわしがない場合は通常半径で考えます。




■移動時間・速度■
広告物によく書かれている駅から徒歩○○分などの本当の距離は、
法的に定められてはいないので、それぞれの考えによります。
多くの場合、徒歩は1分間に80メートル
自転車は1時間に12キロ車は1時間に30キロまたは40キロ
それぞれ進むという前提になっている。
ただし、これも多くの場合、地図上の直線距離によって算出されているので、
実際にその場所での移動実体には合わない。
実際の移動は一直線ということはまず考えにくいので、
多くの場合、距離を1.3倍して考える事が多い。
また、徒歩の場合、特に都市部では横断歩道での信号待ちも頻繁にあるので、
その所要時間を更に1.2〜1.4倍と考えると、

例 : 徒歩5分という場合
  80メートル×5分=400メートル(直線距離であろう)
  → 400メートル×1.3=520メートル(たぶん実際にはこのくらい歩く)
  → 5分×1.4=約7分
  ⇒ 徒歩5分と表記された所は、520メートルくらい歩いた地点でおよそ7分かかる
  こういう風に読み解く方が実際的であろう。


■歩く距離■
人々が抵抗なく歩く距離、これは、ある場所を歩く人々の50%以上が、
もうこれ以上は歩きたくない、何か乗り物に乗りたい、と無意識のうちに考える距離。
これは、それぞれの場所の気候と風景によって異なる。
ヨーロッパや日本では、400メートルといわれ、東南アジアでは100〜200メートルといわれている。
ただし、通勤・通学の際はこれが70〜100%伸びるといわれる。
日本ではこれに基づき、都市内の路線バスの停留所の間隔を400〜500メートルに1ヵ所としている所が多い。
また、地下鉄の駅間隔も大半が800〜1300メートルでほぼ1キロに1駅となっている。